スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
*************************************************

6月11日「近況報告」を読まれていないかたは、先にそちらをご覧ください。


*************************************************



◆3月16日◆


忘れないように、記録の意味でも 書いておこうと思います。


今日のお昼、二時半ごろかな。
それまで至って普通に いつもどおり過ごしていたLucyが
突然 吐きました。

一回だけ、そして吐しゃ物は消化途中という感じのフードのみのような感じ。
異物も血液も混じってなかったと思う。

吐くこと自体は頻繁ではないにしろそれほどめずらしくもないので
大丈夫?くらいの感じだったんだけど
吐いた後、その場(リビングの床の上)にペタッと寝そべり
それからしばらく動かず・・・。
Luちゃん、そこ冷たいからクッションかソファで寝たら?と声をかけても
いつもならすぐに近寄ってくるのに、このときは動かず。
しばらくして再度声をかけて、Luをなでたりしていたら
ようやく立ちあがったんだけど・・・なんだか足取りがふらついてる?

あれ?と思って見てると、ふらふらと歩いて
ダイニングテーブルの向こうの、部屋の隅のところへ行き
そこでまたパタリと横になる。
Luは調子が悪い時などに、その場所や バリケンの中へ行って静かにしてることがあるので
やっぱり吐いたし調子悪いのかなと思って
でもそこはやっぱり床だったから、クッションと毛布を持って行ってやり、
この上で寝たら?と起こしてみたら むくっと立ち上がり・・・
立ち上がったままそこでおしっこ・・・。

今まで、寝ているときにおねしょのように漏らすことはあっても
起きてて立ち上がってるときに出ちゃうことは一度もなかったので
びっくりしました。
やっぱりどこか悪いんだ。
体を触るとなんだかひんやりしていて、
歯ぐきを見ると、白っぽかった。貧血っぽいのかな?


その後、すぐ横に敷いたクッション&毛布の上にパタッと横たわり、
ずっとそこで寝そべっていたけど、いつものように眠ったりはせず。。。
寝がえりを打とうとするけど、下半身にあまり力が入らない様子。
大丈夫、じっと寝てなさい、と声をかけ、横に寄り添ってなでたりしてやる。
インターホンが鳴っても、いつものように吠えたりもせず、
じっと伏せてその場を動かない。

その後、犬たちのごはんの時間になったので
ごはんの用意をする。
Pattyはいつもどおり張り切って完食したけど
Luは寝そべったままこちらを見ているだけで、欲しがりもせず。
フードを一粒、鼻先まで持って行って、食べる?と聞いても
においをちょっと嗅ぐだけで食べない。同様に水も飲まず。
食欲がこんなにもないLucyなんて初めて。

その後、2階に洗濯物を取り込みに行き、下に戻ると
リビングのソファの下の いつもの座布団の位置まで移動していた。
今まで寝てたクッションを見ると おもらししていた。
お尻の下にトイレシーツを敷いて様子を見る。

途中、一度立ち上がり、トイレのほうへ行こうとするけど
やっぱり足がふらふらで歩けず、3歩ほど歩いたらバタッと伏せてしまう。
そのままその場でしばらく横になる。

連絡しておいたので、オットが早めに帰ってきてくれる。
オットが帰ってきたら、それまで動けなかったLucyが
よろよろ立ち上がって玄関のほうまで行こうとしたけど
途中でよろけて座布団の上で倒れて横になる。
寝そべったまま、うんちも出てしまった。
やっぱりさっきはトイレに行きたかったんだね。

その後、病院へ連れて行きました。
エコーをしてもらったら、おなかに腹水がいっぱいたまっているとのこと。
簡易血液検査をしてもらった結果、
貧血の値は出ていないので、やはりおなかにたまっているのは
血液ではなく腹水だろうとのこと。
あと、蛋白の値?が高いとのこと。
腹水がたまる原因は色々あるけど
症状などから見て、肝硬変かもしれないらしい。

もっと詳しい検査をするのと、
今の症状を治めるために点滴をしたりしなければならないので
今日は入院ということになりました。
Lucyも、もう立ってもいられないしぐったりしているので
ケージに入れられても、いつものように焦った顔もせず
しんどそうに伏せて こちらを見ているだけでした。


今はまだ、検査結果が出ていないのでどうすることもできないけど
このまま劇症化したりせず、症状が少しでも治まって
早く家に帰れるといいなと思います。

肝硬変や肝がんだったりした場合、完治はまず無理でしょう。
肝臓・・・沈黙の臓器と言うけれど
本人に痛みとかはないのかな。。。
痛みや苦しみがあるとLuが辛いから、それだけはないように祈るばかりです。

突然のことで、やはり動揺していますが
これからは、今まで以上にサポート、ケアをしてやりたいと思います。

Luは、来月の2日で10歳になります。
大型犬だし、二桁の年齢になれることは
十分 長生きだと思います。

いろんな思いが胸の中を駆け巡るけど
まるごと受け止めて、Lucyにちゃんと寄り添ってやろうと思います。


明日の朝、電話で状態や検査結果を聞き、
上手くいけば、夕方には連れて帰ってこられるようなので
早く家に帰れるといいね、Lucy。
おうちではしんどくてあまり寝られなかったみたいだから
点滴してもらってるし、今はぐっすり寝られているかな。
検査頑張ってね、Lucy。











スポンサーサイト
犬たち | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。