スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
*************************************************

6月11日「近況報告」
「3月16日 Lucyのいない夜」
「3月17日 面会、検査結果」
「3月17日 夜の面会、Pattyとわたしたち」 
3月18日 Luちゃんバイバイ、そしてありがとう<その1>
3月18日 Luちゃんバイバイ、そしてありがとう<その2>



を読まれていないかたは、先にそちらをご覧ください。


*************************************************



◆3月18日 Luちゃんバイバイ、そしてありがとう<その3>◆


Pattyのこと。


Lucyを病院から連れて帰ると、
ひとりでお留守番の経験があまりないPattyは
案の定 興奮してお出迎えしてくれました。。。

Pattyは我が家に来た最初からLucyがいたし、
LuPaそれぞれの性格も違い、神経質で怖がりのPattyは
しっかり者のLucyをかなり頼りにしていたと思います。
なので、亡くなったLucyを前にして 
どんなに落ち込むか・・・ピーピー鳴くかな・・・などと心配していました。

Lucyをクッションの上に寝かせて、
わたしたちが 話しかけたりなでたりしているのを見ていたPatty。
Lucyのにおいをクンクンして、、、
Lucyに向かって、ウォンウォーーン! と 何度も遠吠え。
これは明らかに「起きて!」と言ってます。
ずっと動かないLucyを、一生懸命起こそうとしていました。
そうだね、そうやってPattyが吠えると、
いつもLuちゃん、起きてくれたもんね。。。

それから夜遅くまでの長いあいだ、
PattyはしょっちゅうLucyに向かって遠吠えし、
Lucyとお別れをしにお客様が来てくれたりすると
ますます怒ったように吠えてLucyを起こそうとし、
吠えても起きないのを見て考えたのか、
Lucyに掛けてある毛布を前足や鼻先でよいしょ、よいしょとめくって
足先やしっぽ、おしりのにおいをかいだり・・・
そうだね、いつもなら そうやればLuちゃん必ず起きてくれたよね。。。

怖がって近寄らないかも・・・なんて思っていたけど
想像とまったく違ったPattyの反応に、わたしたちもびっくりでした。

夜寝るころになって、やっとPattyもあきらめたのか
遠吠えしたりすることもやめて、丸くなって寝ていました。
でも熟睡はできないようで、わたしたちが立ち上がると首を上げたり
起きて後を追ったりしていました。

Pattyさん、亡くなったLucyのこと
どんなふうに受け止めたのかな。。。
こういうとき、言葉で話せたらなぁとしみじみ思います。
何をやっても起きてくれない、においもなんだかいつもと違うLucyを
どう思って見ていたんだろう。。。

そしてなにより、甘えん坊で怖がりなPattyさん。
これからLucyのいない毎日になるけれど、大丈夫かな・・・と心配でした。
案の定、2,3日のあいだは いつもと違うPattyさんで
一日の大半を、毛布にくるまって過ごしていました。
でも、日中はいつものように眠れず、毛布の中でずっと起きていて
神経を張り詰めているようでした。
家族やお客様みんなが泣いていたり悲しんでいたりしたことも
たぶん敏感に感じ取っていたのだろうな。
花を買いに行ったり、用事があったりで わたしたちが出掛けたりと
バタバタしていたせいもあったんだと思います。
ひとりでの留守番に慣れていないこともあるし。。。
夜遅くになり、わたしたちがもう出掛けないとわかると
やっと熟睡できるようでした。

それと、いつもよりもうんちやおしっこの回数がぐっと減りました。
散歩には張り切って行くし、
ごはんも催促していつもの量をいつもどおり完食していたので
体の具合が悪いということはないと思うけど
精神的にストレスがたまっているんだろうな。
ごはんと散歩以外は、ただひたすら毛布にもぐってじっとしていました。

でもそれも、オットが会社へ行くようになって
いつもの暮らしのペースに戻ると
少しずつ元通りになってきました。
今も、わたしの横で毛布にもぐって、いびきをかいて寝ています(笑)

PattyはLucyと違って、おもちゃで遊んだりしないし
遊ぼう!とわたしたちを誘ったりもしないので、毎日とても静かです。
でも、洗濯物を干したりたたんだりするのに2階へ行くとついてきて
わたしの仕事をしっかり監視したり(^^;
掃除のときはちょっと迷惑そうに家の中をぐるぐるパトロールしていたり
いつもの時間になると「外遊び!」「ごはん!」「おやつ!」と催促したり。
それに、以前よりもさらに わたしたちの話をじっと聞くようになりました。
話掛けるとじっと聞いて、なにかを考えているような顔をしています。
前はそういうことは、Lucyの担当だったもんね。
Patty、ちゃんと引き継いでくれてるみたいです。

Lucyは、Pattyが来るまでは 一対一の付き合いがあった。
でも、Pattyはそれが今までなかったから
今こうして、Pattyだけの暮らしになって
初めて気づくこと、改めて感じることがたくさんあります。
Pattyさんの良さ、再発見 という感じ。


100326-3.jpg

Patty、あなたがいてくれて
わたしもオットも、どれだけ心が癒されたことだろう。
とてもとても、助けられています。
Patty、これからもよろしくね。
ビビリ屋なPattyさん、しっかり守ってあげるからね。




スポンサーサイト
犬たち | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。